事業内容

システム導入事業

システム運用支援サービス

当社にてコンサルテーションを実施、あるいはシステム開発導入を行ったシステムについて、お客様で運用要員が不在である場合など、当社から運用要員の派遣サービスも行います。

  • 運用要員不在の場合の長期派遣サービス
  • お客様の運用要員の急な入院などに対しての短期(1ヶ月程度から)の要員派遣サービス

当社の重点サービス範囲

業務の課題解決~短期間・低コスト・高品質なシステムの導入~

単なるコンピュータシステムの導入は行いません。

弊社では、「業務の改善を実行し、業務の標準化・省力化を図り、かつ業務システムの統合化を図る」ところから、コンサルを行ってシステム化提案をさせて頂きます。
単なるITシステム化に捉われず、全社的な業務改善の視点から、業務の原点に立って

  • システム化により改善すべき部分
  • 人的作業での改善すべき部分

に切り分けて提案させて頂きます。
先ず、このことにより、無用なカスタマイズ等の無駄な開発投資を抑制します。

システム開発は、担当技術者の経験と力量に大きく左右されます。

大手ベンダーにシステム導入を依頼したものの、費用だけは一人前だが若くて未熟なSEに担当されて、とんでもない事になった経験をお持ちのお客様はいらっしゃいませんか?

  • 経験豊富なコンサルタント
  • 業務に堪能なSE
  • 優秀なプログラマ

 この三拍子が揃ってこそ、「短納期、低コスト、しかも高品質」なシステム導入が可能なのです。

弊社では、経験豊富なコンサル陣が、的確なアドバイズを行うとともに、迅速にお客様の業務要件を把握し、システム要件定義を行い、それをベースに優秀なSEとプログラマが開発します。
だからこそ手戻りや失敗もなく、高い品質のシステムを、「短期間・低コストに」ご提供が可能なのです。

システム開発費は人件費のかたまりです。

ご承知のとおり、コンサルテーションやシステム開発は、人件費の塊です。
しかも、大手・中堅ベンダーではそのほか、莫大な間接費用(多数の管理者費用、立派なビル等)が、 エンジニア単価に上乗せされ、益々システム開発費用は高くなります。
弊社では、間接費用を圧縮し、さらに世間水準の1.5倍以上のスキルや経験を持ったコンサルタントやSEが業務を担当いたします。
このことは、工期(工数)の短縮と品質の高さをお約束するものです。
そして、弊社は大手ベンダー企業の60~70%程度の人件費単価で業務をお請けすることが出来ます。

このことを数式に表わしますと、

  • 工期(工数) = 1÷1.5 ≒ 0.67 世間一般水準の7割以下の工数を実現します。
  • 開発費 = 1×0.67 × (60~70%) ≦ 0.5 大手一般相場の半額程度での開発が実現されます。

システムの導入コンサルから運用支援まで、一貫のサービス体制

1.事業の経営戦略策定支援と業務プロセス分析、改善の策定支援

(1) 経営者の思い、事業戦略目標のヒアリング

  • 経営者の事業構想や事業戦略目標のヒアリングに基づき、目標へのプロセス立案を行います。

(2) 事業ドメインの分析と内部、外部環境分析(SWOT分析)による重要成功要因の決定

  • 事業ドメイン分析、SWOT分析を通じて、事業戦略の立案を支援します。

(3) 現状業務プロセス調査と問題点の分析。およびビジネスモデルの立案支援

  • 業務プロセス分析および問題点の分析から、新たなビジネスモデルを検討し、立案を支援します。

(4) 経営戦略企画書の策定

  • 経営戦略、戦略実現のシナリオ、IT戦略課題、人材開発計画の策定支援を行います。
2.基幹系業務のITシステム化支援

(1) 業務分析と対応既存システム分析

  • 解決すべき課題を内包する業務について業務分析を行います。
  • 対象業務がITシステム化されている場合には、既存システムの診断(評価分析)も行います。

(2) 要件定義の取り纏め作成

  • IT化のみでない解決方法を検討し提案します。
  • システム化の場合には、お客様向け最適システムの要件定義を行い、RFP作成支援も行います。
  • 既存システム再構築の場合には、既存システムの有効活用の可能性検討を行います。

(3) 最適パッケージシステムの選定支援

  • 新規構築の場合には、最適パッケージシステムの選定を支援します。
  • その為に、ERP等のパッケージシステムとお客さま業務とのFIT&GAP調査を実施します。

(4) システムの構築、および構築支援

  • 他社が開発する場合には、要件定義に基づく、システム構築の取り纏めを行います。
  • 弊社が開発する場合には、弊社SEに協力して詳細要件の確定を行います。

基幹系業務のITシステム化支援図

基幹系周辺連携システム

既存基幹系との連携ソリューション

  • お客様既存の基幹系システムに関し、不足する業務機能やマン・マシンI/Fの調査分析を行い、システム全体としての機能強化改善提案を行います。
  • アドオンシステムの選定と開発、および、既存基幹系システムとの連携I/Fの構築を行います。

(1) 既存基幹系とのデータ連携によるBIシステム構築ソリューション

  • 特にSAP ERPとの連携で、多くの実績がございます。

(2) 既存基幹系のフロントエンド入力システムとしてのワークフローシステム構築

  • 特にSAP ERPとの連携で、多くの実績がございます。
お問い合わせ
お問い合わせ